チャンスに乗り遅れるな!トラック売却のタイミングとコツ伝授します!

売るなら今?!中古トラック市場がアツい

一般乗用車と違い、中古車のニーズをつかみにくいのがトラックです。正直、「売却なんて値段がつくの?」と思っている人もいるのではないでしょうか。中古トラックは需要が無いのではなく、需要が分かりにくいだけです
不景気で国内のトラック需要は低迷している時期もありました。しかし東日本大震災以降はトラックの需要が急増し、新車の調達が困難な業者が短期リースでしのいでいるケースもあるようです。
景気自体も堅調傾向が出てきたため、中古トラックの需要は今後も手堅いと言えそうです。

さらに大きな需要を見込んでいるのが、海外へのトラック輸出です。発展途上国の中には近年、目覚ましい経済成長を遂げている国が多くあります。それらの国では建設・輸送用のトラックや重機が慢性的に不足しています。さらに海外で根強い日本車への信頼も大きなポイントです。
たとえ日本国内では出番を失った古い年式のトラックでも、海外では「日本ブランド」として歓迎されることも多いのです。日本ブランドの力は、トラックの部品にも及びます。不動車であってもトラックを買取ってもらえるのは、使える中古部品を販売できるからです。中古トラック市場を見ると、実は「今が売り時」といえそうです。

関連サイト

トラック野郎も満足するぜ!買い取りバイブル・・・トラックの買い取り事情ってどうなの?調べてみました。