気になる買取価格の決定ポイント

気になる買取価格の決定ポイント

トラックの買取価格を左右するのは、次のような要因です。
・走行距離:走行距離は、買取後にどのくらい走れるかに関係します。この点は、一般の乗用車の売却と同じです。
・事故歴:事故車両でも修理すれば問題ありませんが、実は内部の部品が事故の衝撃で傷んでいた…という思わぬ事態も起こるため、敬遠されがちです。高値で買い取ってもらうため査定時に事故歴を隠す人もいるようですが、プロが見れば分かることです。信頼関係を損なうと、その後の契約が上手くいかなくなります。事故歴は正直に申告してください。
・修理箇所:1度壊れた箇所は、再度故障しやすいため、特に注意してチェックされます。事故歴同様、修理箇所もきちんと申告しましょう。
・保証の有無:メーカー保証(大型トラックで5年以内か、走行距離10万キロ未満)が残っていれば、高値が付きます。メーカーの保証期間内なら壊れても無償修理が受けられますし、トラック自体も新しいので歓迎されます。

 

他にも人気の車種、年式が新しいトラックは高値で取引されます。特殊な用途向けに改造されたトラックよりも、汎用性が高いトラックの方が人気です。高値買取の条件から外れているトラックでも、海外向けにニーズが高いものがあります。