低年式車でも諦めないで

低年式車でも諦めないで

製造から年数が経っている、いわゆる「低年式車」をお持ちの方は、トラック売却を期待できないと考えているかもしれません。もちろん古い、走行距離がかさんでいるといった理由もありますが、もう1つ大きな問題に「排ガス規制」があります。排ガス規制とは、トラックから空気中に排出される有害物質を削減するための規制です。関東・関西・中部エリアを走るトラックには、排ガス規制が適用されます。排ガスに配慮した新短期規制適合車や、排ガス対策の装置を取り付けたトラックしか使用できません。排ガス規制の条件をクリアしていないトラックは、売却を諦めるしかないのでしょうか?…答えはNO!です。排ガス規制が緩い地域でなら走行可能なトラックもあります。お住まいの地域の排ガス規制に引っかかるようなら、全国展開の買取店に依頼すれば売却可能になるかもしれません。また、中古トラックの再登板先は日本国内とは限りません。発展途上国では中古トラック需要が高く、日本製トラックは人気です。排ガス規制がない国が多いので、輸出することもできます。海外への販売ルートをもつ業者なら、低年式車でも買取できるでしょう。低年式車をお持ちなら、まずは問い合わせてみましょう。